システム手帳のリフィルを普通の手帳から作っちゃうビックリ技

スポンサードリンク

今年もこの季節にやってきました。来年の手帳どうしよう、、、また年末年始は2冊手帳を持ち歩かないといけないのか、、、
超手帳フェチのmaco(@maco_yamase)が、今年編み出した手帳移行術を紹介したいと思います!!

システム手帳の超メリットを綴り手帳を使っている人に伝えたい!手帳を変えても過去の必要な記録を持ち歩く方法を考えた!

とにかく手帳が好きなんです。

私はもともと文房具大好き、ノート大好き人間です。手帳にも人一倍関心&愛着があります。手帳特集の記事があれば必ずチェックし、自宅の本棚はこんな感じに。。。

手帳ハウツー本まとめ

今まで使用してきた手帳は数知れず、【超整理手帳】→【東急ハンズオリジナル手帳】→【ほぼ日手帳】→【ジブン手帳】→【フランクリンプランナーオーガナイザー】などなど。
特にジブン手帳は大のお気に入りでした。が、今年私が使ってきたのがユナイテッドビーズのレフトの手帳。右側が方眼になっていて自由に使えるところが大のお気に入りでした。

ユナイテッドビーズウィークリー

システム手帳が今までの悩みを解決してくれる。

あなたはシステム手帳についてどんな印象を持たれていますか??
今まで私はシステム手帳は使ったことがありませんでした。私はノートが好きだったので、金具がついていてかさばるシステム手帳はあまりいい印象がありませんでした。

しかし、よくよく考えたらシステム手帳に変えたら今まで私が悩んできた問題が解決されるのではないかな、、、と感じました。

その悩みというのは「使っていて途中でやっぱり使いづらいなぁ、、、」となることが多く、まだ半分も使ってないのに、やっぱりバーチカルに変更したいなぁ、、なんてなることがよくありました。仕事が変わると書きたいことも変わるので、部署移動ごとにノートを変えるしかないということがあったのです。

けれど、システム手帳ならリフィルを好きなように入れ替えができるので、途中で差し替えできる
この部分が私がシステム手帳に変更しようと思い至ったキッカケでした。

システム手帳にもサイズバリエーションは多々あある。

ポケットに入るサイズ からA5サイズまでのバリエーションが多々あるのはもちろんのこと、
リングのサイズにもバリエーションがあります。(知らなかった!)
株式会社レイメイ藤井さんが丁寧に紹介してくださっています。

[browser-shot url=”http://www.raymay.co.jp/davinci/contents/binder_info/size.html” width=”400″ target=”_blank”]
  • 25mm
  • 24mm
  • 20mm
  • 15mm
  • 14mm
  • 11mm
  • 8mm

私が選んだデビューに選んだシステム手帳

いろいろ悩み、実際に店舗に足を運び納得して購入したのがレイメイ藤井さんの【ダヴィンチスリムサイズ・A5システム手帳】3. JDA3003 Zのワイン色です。
真っ赤って感じではなくて落ち着いた感じの赤色です。リングサイズが15mmの薄めなのも気に入りました。

A5サイズにしたのは、ここ6年ほどずっとA5サイズの手帳を使い続けてきたので、今更小さくなると使いづらいだろうなーと思い、迷わずA5を選択しました。

amazonでも売っています。

今までの綴手帳をリフィルにしちゃいます!

正直、これを思いつかなかったら、システム手帳に変えようなんで思いませんでした。今使用している手帳を、無理やりシステム手帳のリフィルにしてしまおうと思いついたのです。ではさっそく、今まで使用していたノートのカバーを外して準備。

ユナイテッドビーズ綴手帳

背表紙を剥いてバラしていきます。製本作業がとても丁寧にされていることがわかります。ちょっともったいないですが、バラしてでも残りのページを使い続けたいので外していきます。

A5手帳の綴をバラす

こんな感じにフサごとにはずしたらあとはカッターで真ん中を切ります。

A5手帳を分割

最後にパンチで穴を開ければノートがリフィルになっちゃいました!

A5手帳をバラして穴あけ

ちなみに穴あけパンチはこちらを使用しました。2〜3枚ぐらいが精一杯でしたが手帳にセットできるタイプのパンチです。

そんな感じで手間はかかりはしますが、、、できました!

A5システム手帳にセット

こんな感じで、今どうしても手放せないページを取捨選択してセットできるのでとても重宝してます。ちょこっと文字が切れてしまう部分があるので、そこは確認しつつ作業しました。長年の問題が解決されて嬉しい限りです。

気になってたデメリットはどうなの?

システム手帳だと金具が邪魔になって書きにくいのではないかと心配していましたが、15mmのリングだからなのか、今のところ特に書きにくいと感じることはありませんでした

むしろ、いろいろと違うフォーマットのシートをどんどん挟みたくなってしまぅて、むしろ20mmリングでもよかったかな、、、と思ったりしています。

まとめ

手帳については語りきれないことがたくさんありますが、ノートはバラして使ってもいいし、穴をあけてもいいんだってことをあなたにお伝えしたくてこの記事を書きました

10月はやっぱり手帳シーズンで、本屋や雑貨店でいろいろな手帳に出会ってウキウキします。

しっかりと目標を決めて、それに自分がどう向かっているのかということを教えてくれる手帳と一緒に、これからも会社のお仕事はもちろん、夢を叶えるためにも頑張っていきたいと思います!

 

 

スポンサードリンク