デザ活

デザ活

アドセンス広告を記事中に配置する方法!ショートコードを使うのがオススメ?

約 6 分

スポンサードリンク

アドセンス広告を記事中に配置する方法!ショートコードを使うのがオススメ?

こんにちは。

最近アドセンスブログが調子いいので、そっちのブログばっかりかまってました。

その際にいろいろと勉強したので覚書です。

参考にした記事はこちら

http://webcommu.net/wordpress-ad-shortcode/

Webコミュさんが記載していただいてる通りにさせていただきました!ありがたやー

Webコミュさんも、私がアドセンス広告を貼りたいブログと同じハミングバードのテーマを使われていたので、安心して真似することが出来ました。

準備:まずは新しい広告ユニットを作成します

計測しやすくするためにも、ショートコード用の新しい広告ユニットを作成していきます。

こちらを選択します

「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択します。

今回は、自動サイズのレスポンシブ広告を作成しました。最近はこれが一番安心できます。

画像広告ばかりが表示されるとは限らないので、スタイルもブログに合わせたものを作成しました。

カラーを配置ブログと合わせることで、クリック率アップを狙います!

カラーを配置ブログと合わせることで、クリック率アップを狙います!

この色を決める時は、自分のブログがどのような色を使用しているか確認し、同じ色か類似色を選択するようにしています。

反対色を選んでもいいですが、私は同じ色を選んで読者さんの目がチカチカしない方を選択しています。

ここらへんは解釈次第ですので、Googleさんのポリシーを理解した上でやりましょう。

Google 広告を紛らわしい方法で掲載することは禁止されています。これには、広告付近のコンテンツを広告フォーマットに似せることも含まれます。Google 以外の検索結果ページに広告を掲載する場合は、検索結果と広告をはっきりと区別できるようにしてください。

https://support.google.com/adsense/

リンク色やメインカラーを使用すると良いと思います。

リンク色やメインカラーを使用すると良いと思います。

納得したら、作成を押してコードをコピペしましょう。

広告コードのコピペをします

広告コードのコピペをします

本番:functions.phpファイルを編集する

広告コードが用意できたら、ショートコードを呼び出す関数を「functions.php」に記載していきます。

実は、何回か真っ白になりましたが、バックアップ&FFTPを起動していたので、無事に直すことが出来ました。必ずバックアップをとってから行いましょう!

「外観」→「テーマの編集」→「functions.php」

「外観」→「テーマの編集」→「functions.php」

貼り付けたのは、Webコミュさんが記事にしていただいていた部分をそのままいただきました!

ほんとありがたや~です。感謝!感謝!

http://hwbase.com/archives/1189 より

 

そして、【GoogleAdSenseの広告コードを貼り付ける!!!】の部分に、先程準備した広告コードを貼り付けました。

ついでに、「スポンサーリンク」という表記が必要ですので追記しました。

サイトのユーザーに誤解を与えないようにし、ユーザーがコンテンツと Google ディスプレイ広告を簡単に区別できるようにすることが大事です。AdSense のポリシーでは、「関連情報」や「関連リンク」といった誤解を招く見出しの下に広告を配置することは禁止されています。Google 広告のラベルには、「広告」または「スポンサーリンク」のみを使用するようお願いいたします。

https://support.google.com/adsense/

広告コードを貼り付けます。

広告コードを貼り付けます。

使い方:ショートコードの使い方

使用方法としては、ショートコードを記載するだけなので簡単です。

自分がアドセンス広告を入れたいところにコードを記載しましょう。やり方はショートコード名を[]で囲うだけです。

ショートコードを記載する

ショートコードを記載する

これに関しては、Cuicktagsに登録するか、辞書登録をすれば簡単に記載することができます。

私は辞書登録派です。ちなみに、関連記事のショートコードは「kんrn」と打てば[kanren postid=”000″]と表示されるように登録しています。

今回も、「あd」と打てばこのショートコードが表示されるように登録しました。

つまり、2クリック&エンターだけで広告の挿入が出来るようになったわけです!

アドセンス広告の表示は反映されるまで少し時間がかかります。が、無事表示されました!

アドセンス広告をショートコードで挿入することが出来ました!!

アドセンス広告をショートコードで挿入することが出来ました!!

アドセンスコードをショートコードで挿入する理由

別に、アドセンスコードをそのまま辞書登録して、直接記載してもいいのではないか、、、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、もし、「すべてアドセンス広告をブログから外したい!!」という場合、全ての記事を修正するのは大変骨が折れます。

しかし、ショートコードで追記していれば、functions.phpを修正すれば、全記事に反映されます。

楽ちんですね。

敷居が高いかと思っていましたが、意外とコピペで完了しました。

Webコミュさんのおかげです!ありがとうございます^^

 

Youtubeチャンネル

このブログを書いている人

I_プロフィール画像250m maco

イラストとデザインが大好きです。このブログでは日々作ったものの報告と、ハウツーまとめ、あと、デザインを多くの人に身近に感じていただける記事を書いています。
スポンサードリンク

twitter

macoのYoutubeチャンネル

macoYoutubeリンクバナー